ヘルペスサプリの効果ランキング@口コミ人気はどれ?

ヘルペスサプリなら

口唇ヘルペス、性器ヘルペスなど色々ありますが、どれもヘルペスウイルスが原因。再発を繰り返すので、悩んでいる人も多いものです。ヘルペスの再発は免疫力の低下が引き金となります。

 

疲労が溜まっているとき、ストレスが続いている時、アルコールの取り過ぎには注意が必要。さらに、紫外線の浴びすぎ、生理前もウイルスが活性化しやすくなります。

 

ヘルペスにリジンが効果発揮!

 

繰り返すヘルペスの予防や、できてしまったヘルペスを治すには、必須アミノ酸のリジンがおすすめ。リジンには、疲労回復、免疫力UP、抗ヘルペスウイルス作用があります。当サイトでは、リジンを配合したヘルペスサプリを口コミ人気でランキング!

 

りぷさぷりの特徴

ヘルペスに皮膚や粘膜の強さUPで対策するサプリです。1日めやす3粒に、L-リジン500r含有。プロポリスで免疫UP、ビタミンCとビオチンが皮膚や粘膜の健康維持を助けて、ヘルペス対策をサポートします。不足しがちな栄養素の補給に、ビタミンをバランスよく配合しています。仕事が忙しくても大丈夫でした、続けられそう、調子いいです、の声あり。粒タイプのヘルペスサプリです。

価格 972円
評価 評価5
備考 リジン・ビタミンC・ビオチン・プロポリス・乳酸菌・ローズヒップ・レスベラトロール・アセロラ

 

ヘルペケアの特徴

ヘルペスの予防にも痕対策にも効くヘルペス専用サプリです。ヘルペスに有効なリジンを、その活力を高めるβグルカンとともに配合しています。症状が出る前に内側から対策で、発症をストップ。免疫力をあげるプロポリス、グルタミンなど全8種の成分を配合。いまあるヘルペスの痕をキレイする、グラヴィノールも入っています。1日めやす2粒。繰り返していたのがウソみたい、かさぶたの痕がキレイ、小粒で飲みやすい、の口コミあり。

価格 3,480円
評価 評価4
備考 リジン・βグルカン・プロポリス・乳酸菌・オリゴ糖・茶カテキン・グルタミン・グラヴィノール

 

ドクターズチョイス リジンプラスの特徴

予防と改善の両方からサポートするヘルペスサプリです。発症を抑えるために効果的なリジンを、相乗効果のある亜鉛などとともに配合しています。1日3粒ですが、ヘルペスを発症している時には9粒を。できてしまったヘルペスを早めに治すサポートもしてくれます。発症する回数が少なくなりました、水泡が増えず助かった、などの声あり。

価格 3,680円
評価 評価3
備考 リジン・ビタミンC・亜鉛

 

口唇ヘルペスはどんな病気?

 

口唇ヘルペスにかかったことはありますか?この名前を初めて聞いたという方もいるかもしれませんね。そんな方でも、風邪になって熱が出てきたり、疲れやストレスがたまって体が弱ったりした時に、くちびるに水ぶくれのようなものができてしまって困ったという経験は多くの人があることでしょう。そうなんです、こういった症状こそが口唇ヘルペスなのです。
この口唇ヘルペス、意外と多いのです。

 

日本人はおよそ10人に1人が口唇ヘルペスになった経験があるようです。ですが、たとえ症状が出ていなかったとしても、原因となっている単純ヘルペスウイルスにはすでに感染しているという人はもっとたくさんいるのです。

 

20代〜30代で感染しているという人はおよそ半数、年齢が高くなっていくにつれてその感染率もどんどん高まっていき、60代以上となると、ほとんどの人が感染しているようなのです。中には自分が感染していることにすら気づいていないという人もたくさんいることでしょう。

 

昔の時代は、子どもの頃にみんな知らないうちに口唇ヘルペスに感染してしまっていたために、それぞれが免疫を持っていました。単純ヘルペスウイルスに感染していて免疫ができていると、たとえ発症したとしても、軽症で済むのです。

 

その逆に、大人になってから生まれて始めて感染すると(これを初感染と言います)、症状が重症化してしまうことがあります。でも、最近では、衛生状態の改善や核家族化の影響などによって、特に若い人の感染率が減少し、免疫を持っていない人というのも増えてきているようです。

 

参考:口唇ヘルペスは何が原因?感染以外にストレス・乾燥が関係ある?

 

口唇ヘルペスと口角炎の違いは?

 

口角炎とヘルペス、この2つを混同している方は少なくありません。もちろん、この2つは異なるものです。ですが、その違いや見分け方をいうのを熟知しているでしょうか。症状が非常によく似ているがために間違われやすくなっているようですね。

 

それぞれの症状や出来てしまう原因には、多少の違いはあるようです。どちらもウイルスに感染することによってひき起こされる疾患には違いありません。でも、できる場所や原因は違っているようです。治療の選択を間違ってしまわないためにも、それぞれの特徴の違い、そして見分け方というものをしっかり覚えておきましょう。

 

口角炎とヘルペスは、一見同じ疾患だと思えてしまうのですが、発症原因や症状を詳しくみていくと、ハッキリとした違いがあるのがわかります。まず、口角炎の原因や症状についてみてみましょう。口角炎というのは、その名前が示す通り、口の両端部分の口角に炎症が起きてしまう皮膚疾患です。

 

発症してしまうと、亀裂が起きたり腫れてきたり、出血を伴ってしまうため、なかなか口を開けること難しくなってきます。出血が起きた後は、その部分かさぶたになって、白い点のような粒が現われてくることもあります。

 

口角炎でできたかさぶたというのは剥がれやすく、そのために完治が長引いてしまうといった傾向があります。かさぶたが出来たらあまり大きな口を開けないように意識して、また舌で舐めたりしないよう注意しておきましょう。

 

では、どうして口角炎が起きてしまうののでしょうか。口角炎というのは、皮膚に存在するカンジタ性の真菌類から感染してしまうようです。そのため、カンジタ性口唇炎というようにも呼ばれています。その主な誘発原因として考えられるのは、体内にあるビタミンB2やB6の欠乏、ストレス、疲労による免疫力の低下ではないかと言われています。

 

ヘルペスは免疫力を高めると治る?

 

口の中で痛み発生させるヘルペス。このヘルペスを患ってしまいますと、日々の生活において非常に困ることとなってしまいます。この病気というのは、免疫力が低下してしまうことが大きな原因となっています。

 

ストレスや冷え性等は免疫力を低下させる要因ですよね。普段摂っている食事の栄養バランスが崩れてしまうと、免疫力も低下していくことになります。そうすると、口内ヘルペスが発生することとなります。

 

免疫力をもっと高めていくような栄養素はどんな形でとっていけばいいのでしょうか。どうやら6つの基礎食品というものが必要となるようです。それぞれ私たちの体にとっては必要となる要素をたくさん含んでいますので、どれもきちんとバランスよく摂取していく必要があるでしょう。

 

肉や魚、豆類にはタンパク質がたっぷりと含まれていますので、体の筋肉や血液を作ってくれます。乳製品や海藻類にはカルシウムがたくさん含まれているので、骨や歯の材料となります。緑黄色野菜にはビタミンやミネラルがとてもたくさん含まれています。これらの成分は私たちの皮膚や粘膜の機能を回復してくれるでしょう。

 

淡の野菜や果物には食物繊維やビタミンがたっぷり含まれています。いろいろな成分により、免疫力を高めていけます。穀物や芋類は炭水化物たっぷりです。

 

体内に必要となるエネルギーを作り出し、免疫力を高めていきます。油脂製品は体の中で必要となる脂肪分がたっぷり含まれています。活動していくためのエネルギー源となるでしょう。こういった食材等を余すことなくたっぷり摂っていきましょう。

 

ヘルペス発症時にアルギニンを摂ると悪化する?

 

ヘルペスが出来ている時にアルギニンのサプリメントを服用してしまうと、今よりさらに症状が悪化してしまうのではないかと考えている人がたくさにるようです。でもその逆に、アルギニンのサプリメントを服用したことにより、ヘルペスの症状が抑えられたと言っている人もいます。いったいどちらが正しいのでしょうか。

 

アルギニンによってヘルペスウイルスが増殖してしまうということが言われているのは、、ヘルペスウイルスが増えていく際にアルギニンが必要不可欠な成分であるということが根拠となっているようです。

 

培養液でのヘルペスウイルスにアルギニンを加えてみると、ヘルペスウイルスが増殖したという報告もあるようですね。また、その逆で、ヘルペスウイルスの増殖を抑えることができたというような報告も出ているのです。こういった点からも、ヘルペスウイルスを増殖させる原因としてアルギニンが深く関係しているという事は間違いない事実です。

 

アルギニン以外のアミノ酸というのも、ヘルペスにとっては栄養源となるようです。ウイルスを増殖させていくためには、栄養である成分をたくさん与えていけば、さらにどんどんヘルペスウイルスが増えていくことになります。

 

ヘルペスウイルスに対し、濃度の低いアルギニンを与えてみると、ヘルペスウイルスが増殖していった、そんな報告もあります。でも、濃度を高くしていくと、ある一定の高さの濃度で増殖することはなくなったようなのです。

 

さらにもっと高濃度のアルギニンを与えていったらどうなるのでしょうか。高濃度のアルギニンの場合は、ヘルペスウイルスの増殖というのは抑制されるようです。

 

アルギニンの濃度がどんどん高くなれば、ヘルペスウイルスというのは抑制することができるのですが、人間の体内にあるアルギニンの濃度が低くなってしまうと、逆にヘルペスウイルスが増殖するようになるのです。

 

ヘルペスに市販薬は効くの?

 

ドラッグストアに行くと、ヘルペスの薬というのが販売されています。この薬は、口唇ヘルペスや性器ヘルペスなど、種類を問わずに使うことができるものなのでしょうか。また、初感染した人や再発した人など、どちらであっても効果があるのでしょうか。

 

もしかしたらヘルペスかもしれない、そう思っても、なかなか病院へは行けないことも多いだろうと思います。仕事が忙しすぎて行く時間がとれなかったり、患部を医者に見せるのがすごく恥ずかしかったり、そういった事情がありますよね。そうすると、市販されている薬でなんとか治すことはできないかと考えてしまうのです。

 

実際にドラッグストア等で購入できるものは、口唇ヘルペスの軟膏だけとなります。性器ヘルペスの市販薬というものは販売されていないようです。また、購入できる口唇ヘルペスの市販薬というのも、実は再発治療用だけなのです。

 

以前、口唇ヘルペスだと診断されたことのある人であり、同じ症状が出た場合に限って、再発した時に使える薬なのです。そのため、初めて口唇ヘルペスにかかってしまった人や性器ヘルペスだった場合には、病院で薬を入手するしかないのです。

 

口唇ヘルペスの市販薬というのは、実は病院でも処方されている抗ウイルス薬のアシクロビルが配合された外用薬となります。これは第1類医薬品といわれていて、薬剤師をおいている薬局じゃないと購入ができません。

 

過去になった際の診断や現在の症状等について薬剤師がきちんとヒアリングしてからでないと販売できない規則なのです。これまでまだ口唇ヘルペスと診断されたことがないという場合には、医師による診察が必要なのです。

 

参考:口唇ヘルペスに効く市販薬は何がある?効き目や正しい使い方は?

 

妊娠中にヘルペスを発症したら…?

 

妊娠している最中は、いろいろなことに注意する必要があります。そんな中でも、特に注意しておきたいのがヘルペスやクラミジアといった性感染症になります。ここでは、妊婦がこれらの感染症にかかると、妊娠にどのような影響が及ぶのか解説していきます。

 

通常、注意しておきたい性感染症というのは、妊娠中に発症してしまうと、胎児にまで悪い影響を及ぼしてしまう可能性が出てきます。性感染症を予防していこうという意識を高めていくためにも、性感染症が及ぼすであろう影響を事前によく知っておく必要があります。

 

もし、妊婦が性器ヘルペスを発症してしまった場合、初感染においておよそ50%、2回目以降の感染であれば0〜3%くらいの割合で新生児ヘルペスを誘発させるだろうといわれています。初感染である場合に新生児ヘルペスを発症してしまう割合が高いのは、外陰部潰瘍からのウイルス排泄量が最も多いようです。それによって、産道感染を起こしてしまうためなのです

 

新生児ヘルペスを発症してしまった場合、抗ウイルス薬で治療を行っても、およそ30%にあたる胎児が死亡しています。なんとか一命を取り留めたとしても、かなり重い障害が残ってしまう可能性があるのです。

 

このような感じで性器ヘルペスになってしまった場合におけるリスクというのが非常に高いため、出産までに抗ウイルス薬を用いての治療を受けていかなくてはなりません。また、性器ヘルペスの感染時期の分布というのは、妊娠初期と中期のそれぞれ30%、後期が40%くらいであるといわれています。