口唇ヘルペスは何科に行けばいい?診察・治療の費用などは?

口唇ヘルペスになったら病院・何科に行くべき?

 

 

 

ヘルペスになってしまった場合は、まず皮膚科に行くといいでしょう。これは大人や子供に関わらず、ヘルペスになった時まず受診するのは【皮膚科】です。

 

まずは皮膚科

 

口内や目、手足や性器などの症状がある場合でも、基本的には皮膚科を受診するのが普通です。多くの場合、皮膚科で処方してもらった薬でヘルペスは治っていくでしょう。

 

もしもヘルペス以外の病気や唇以外の症状がひどくなった場合には、違う科を受診するのが望ましいです。その時にはドクターから紹介状を書いてもらうといいでしょう。

 

しかしもしも唇には水泡などのヘルペスの症状が特になく、他の場所にだけ症状が出ているのであれば、次のような科を受診するようにします。

 

内科〜ヘルペスが口内、喉にできてしまった時

 

唇の内側や舌、歯茎に白い水泡が出来てしまった時には内科を受診するようにしましょう。もしくは耳鼻咽喉科、口腔外科もおすすめです。ドクターもそれぞれ得意な領域があるので、どこの科が一番適切かというのは分かりかねます。ひとまずどのようなところを受診すればいいのか、症状に合わせて良い科を紹介してもらうといいでしょう。

 

産婦人科を利用する時

 

ヘルペスは唇にできてしまう事が多いですが、性器にもできてしまうものです。もしもこのようなデリケートゾーンにできてしまった場合には、恥ずかしいですが産婦人科を訪れるといいでしょう。

 

腕や手にできてしまった時

 

ヘルペスが頬や腕、お腹やおしり、背中、太もも、ふくらはぎ、足などとにかく皮膚にできてしまった場合には、皮膚科を受診するといいでしょう。特に顔にヘルペスができてしまった場合、悪化して跡が残ってしまうと大変ですよね。できる限り早めに病院を受診するようにしましょうね。

 

ヘルペスが目や目周りにできてしまった場合

 

目の下や目周りにヘルペスが出来たなら、眼科を受診してください。目周りにできてしまったヘルペスは、ひどくなると「角膜ヘルペス」になってしまう恐れがあるからです。目はゴロゴロしてしまい、充血してしまう事もあるでしょう。

 

口唇ヘルペスの場合の処方箋はどんな薬?

 

ヘルペスは意外と感染率の高いものです。ヘルペスの治療薬と言えば「抗ウイルス薬」であり、一般的に使用されるヘルペス用の抗ウイルス薬としては、「バルトレックス・ゾビラックス・ファムビル」が挙げられます。抗ウイルス薬は内服薬という事になるので、はドクターからの指示がないと使えません

 

医師の処方箋が必要

 

ヘルペスのために薬を使いたいのであれば、基本的に医師の処方箋が必要となります。処方箋なしで得るためにも、個人輸入代行業者に頼むしかありません。

 

またヘルペスの治療薬には経口薬だけでなく、塗り薬タイプもあります。こちらの塗り薬に関しては、ドクターの処方がないと難しかったのですが、数年前に軟膏やクリームタイプの外用薬に限って市販が認められるようになりました。

 

市販薬も買えるようになってきた?

 

昔は基本的に医師の処方箋がないと薬を使ってヘルペスを治療する事はできませんでしたが、現在では、いくつかの市販薬がドラッグストアでも買えるようになってきました。ドラッグストアで入手できるヘルペス用外用薬は再発治療薬となり、過去にヘルペスにかかった人だけが買えるようになっているので注意しておきましょう。

 

数年前までは病院の処方薬でしか対処できなかったヘルペスですが、病院に行けない時は不便です。しかしいずれも唇の「ヘルペス用」になります。

 

アクチビア軟膏・ヘルペシアクリーム、「アラセナS」などの名称で販売されているので、口唇ヘルペス治療薬をドラッグストアで買う予定でしたら薬剤師に一度聞いてみるといいでしょう。

 

ちなみにこれらの外用薬を使う場合、経口薬と比べると治療効果は低くなるので、症状が悪化するような時は経口薬を使って治療しなければなりません

 

参考:口唇ヘルペスに効く市販薬は何がある?効き目や正しい使い方は?

 

口唇ヘルペスの診察・治療を受けた場合にかかる費用は?

 

口唇ヘルペスの診察代や治療費が気になりますよね。そこで今回は、口唇ヘルペスにかかる費用などについてご紹介していきます。

 

口唇ヘルペス治療の診療科

 

もしも口唇ヘルペスの症状が出てきてしまったら、早めに病院で治療するといいでしょう。とはいえ、初めて病院に行く場合、どのような診察料を選べばいいのかわからないでしょう。口唇ヘルペスに対応している診療科には、以下のようなところがあります。

 

・歯科
・内科
・皮膚科
・小児科
・口腔外科

 

病院で治療すればヘルペスは治る?

 

ヘルペスは完治できませんが、ちゃんと病院で治療する事によって症状が進行するのを食い止める事ができます。診察内容は、医師が問診と視診で口唇ヘルペスかどうかを判断していきます。

 

症状に応じてウイルス増殖を抑えてくれる「抗ヘルペスウイルス薬」を処方していきましょう。普通は検査をしませんが、ケースや症状によっては血液検査ができます。処方される薬は次の通りです。

 

内服薬

 

皮膚に出た症状に加え、神経細胞にいるウイルス増殖を抑える錠剤または顆粒状の内服薬です。初期症状が出た時点で内服すると回復は早いでしょう。また、再発しにくくする事もできるでしょう。

 

外用薬

 

水泡が広がらないよう、炎症が発生している部分に塗る軟膏やクリームです。軽度のヘルペスや治りかけているヘルペスに効果的でしょう。再発防止にも使えます。

 

外用薬と内服薬の併用処方は、保険上不適切と判断されてしまうので注意しましょう。病院で口唇ヘルペスの治療をする時、診察料や処方薬の費用はまちまちです。

 

診察料および処方箋料…合計1100円前後

 

以上のように、塗り薬なら飲み薬と比べて費用が安いというメリットがあるでしょう。

 

かゆみや赤みなど、口唇ヘルペスの前兆が現れたら塗り薬を塗ると症状が抑えられるでしょう。口唇ヘルペスの薬は様々な製薬会社で作られていて、市販されている製品でもあるのでドラッグストアでも購入できるでしょう。

再発しやすいヘルペスの改善と予防に!

 

【リジン高含有】ヘルペスサプリランキング!第1位は?