口唇ヘルペスの治し方は?自然治癒に任せずきちんと対処すべし!

口唇ヘルペスは自然治癒するの?放置はいけない

 

 

ヘルペスの自然治癒はあまりすすめられません。それはどうしてなのかご説明していきましょう。

 

人に移る可能性があるから

 

自然治癒を期待していても人に移る可能性があります。唇ヘルペスの原因となる「単純ヘルペスウイルスT型」は、接触による感染はもちろんですが、間接的な感染でもうつってしまうものです。

 

このようなウイルスは唇ヘルペスの症状が出始めた頃から増えていき、やがてでき始めると水疱の中には大量のウイルスができ始めてしまいます。そして口唇ヘルペスは、適切な治療をやらずに放置する事で治りも悪くなってしまい、症状が出ている期間も長くなります。症状が出ている期間が長引くと、それだけウイルスが出ている期間も長引いてしまうでしょう。その結果ヘルペスを人に感染させる可能性が高くなってしまうのです。

 

自分にも感染させる恐れがある

 

口唇ヘルペスは他人だけでなく、自分にも感染させる恐れがあります。本来であれば「単純ヘルペスウイルスU型」という口唇ヘルペスとは、型の違ったウイルスが原因で発症していきます。口唇ヘルペスは薬などによる治療をしなくても、炎症している部分が清潔であれば、発症後1〜2週間程度で自然治癒していくでしょう。

 

このため治療なんて必要ないのでは?と思う方もいるでしょうが、口唇ヘルペスを自然治癒させるのはあまりすすめられません。というのもヘルペスは免疫機能や体力が低下している時に最も発症しやすいからです。

 

そして体力低下している時にはウイルスも増えやすいので、治療せず放置しているとウイルスはどんどん活性化・増殖してきてしまい、深刻化してきてしまいます。

 

シミや跡が残りやすい

 

ヘルペスのせいでシミや跡が残りやすくなってしまいます。ヘルペスになってしまうと唇に水膨れができてしまいますが、かさぶたがはがれれば跡が残る事もないでしょう。

 

治療を受けずに放置してしまい症状を悪化させた場合には、かさぶたがはがれた後も黒くシミや色素沈着が残りやすいです。もっとひどくなれば、肌の真皮層にもダメージが出てしまい、肌がえぐられたような跡が残ってしまう事もあるでしょう。肌へのダメージも真皮層に達していれば、その跡を完全に消すには期間がかかってしまうでしょう。

 

 

口唇ヘルペスを治すには?

 

ふと気付くと唇にできているヘルペス。知らないうちにできている事も多いでしょう。そんなヘルペスを放置しておくと、どんどん重症化してしまう恐れがあるので気をつけましょう。

 

病院に行くこと

 

これはヘルペスができてしまった時の基本中の基本ですが、ヘルペスに気づいたなら病院へ行く必要があります。病院へ行けば適切な抗生物質を処方してもらえるでしょう。最短でヘルペスを直したいのであれば、まずは病院に行って抗生物質をもらう事です。

 

参考:口唇ヘルペスは何科に行けばいい?診察・治療の費用などは?

 

薬で直すなら「アクチビア軟膏」

 

病院に行く暇がないなら「アクチビア軟膏」という薬を使うといいです。唇のヘルペスに効果的な薬はいくつかありますが、この薬は医療用と同様、5%のアシクロビルを含む薬なので、病院で出される薬とほぼ同じ成分となります。薬剤師さんのいる薬局でも買えるので、病院に行くのは面倒という方や病院に行けないという方にもおすすめです。

 

食事から改善する

 

ビタミンBやビタミンCを取る治し方は定番ですが、他にもそばに多く含まれる「リジン」という成分もおすすめです。特にそばアレルギーがなければ、ぜひこちらの成分を活用してみてくださいね。ざるそばや盛りそばを食べてみてくださいね。

 

以下のような食品もオススメです。

 

・アーモンド
・ピーナッツ

 

ナッツ類にはヘルペスのウイルスの餌となる「アルギニン」がたくさん含まれているので、控えておくべきでしょう。あまり抗生物質の薬に頼るような治し方もしたくないという方は、日常の食事を注意する事によって薬代わりにしていけるでしょう。

 

生活習慣を整えること

 

ヘルペスには休息を取るのも一番の薬なので、口にヘルペスが出来てしまった時には、早めに寝るように心がけてみてくださいね。

 

口唇ヘルペスを早く治すなら薬を使うべし

 

ヘルペスはウイルス性の病気で感染症の仲間としてとらえられます。ヘルペスができてしまったらどう治せばいいのかわからない人もいるでしょう。そんな方たちのためにも、ヘルペスを治す方法についてご紹介していきましょう。ぜひご参考にしてみてください。

 

ヘルペス

 

ヘルペスは初感染か再発なのか、体調はどうかによっても症状の程度が変わってきます。主に初感染の場合には、口周りがヒリヒリしてしまう事も多いでしょう。チクチクむずむずしてしまう、水ぶくれができてしまう事だってあります。
一度ヘルペスが治ったと思っても、また人との接触から再発してしまう事もあります。ヘルペスは人との接触によっても感染しやすいですが治療可能です。

 

医療機関でヘルペスは治療可能です

 

唇にヘルペスができたかな?と感じたなら、むやみに手で触らず、まずは皮膚科に相談しましょう。一度感染したヘルペスウイルスを完全に退治するのは難しい事です。処置が早ければ症状も軽くなるでしょう。ちなみに処方される薬には次のような種類があります。

 

・抗生物質
・鎮痛剤
・抗ウイルス

 

外服薬の事もあれば内服薬の事もあります。症状が初感染の場合には深刻化してしまう事もあるでしょう。

 

ヘルペスの薬に使われるもの

 

・アラセナA

 

有効成分としては「ビラダビン」があり、初めに使う事によって深刻化が防げるでしょう。皮膚状態の治癒も早められますが、かゆみや違和感、赤みなどの副作用もあるでしょう。

 

・ゾビラックス

 

有効成分には「アシクロビル」というのがあり、副作用が少ないのが魅力です。腎機能低下している方には処方されない事もあるでしょう。

 

・バルトレックス

 

有効成分として「塩酸バラシクロビル」があり、ゾビラックスよりも吸収率がいいです。

 

参考:口唇ヘルペスに効く市販薬は何がある?効き目や正しい使い方は?

 

再発しやすい口唇ヘルペスの予防にサプリがベスト

 

ヘルペスは再発しやすいものですが、サプリメントを補う事で効果が得られる事もあるでしょう。

 

ヘルペスに効くサプリを使うならコレ

 

ヘルペスの再発防止にサプリメントを利用したいのであれば、アルギニンやリシン、アミノ酸が含まれているサプリメントを使うといいでしょう。リジンのいいところは、ヘルペス発症を抑えてくれるところであり、発生したとしても治療スピードを速めてくれるアミノ酸です。

 

アルギニンはヘルペスの発症も促進してくれ、成長を促してくれるでしょう。つまりヘルペス発症を防ぐためにも、リシンをアルギニンよりも多めに摂るべきです。

 

アルギニンは健康維持や美容、老化予防や生活習慣病などの予防改善にも重要なたんぱく質成分となります。ヘルペスウィルスのサプリメントを持っているのであれば、リシンやアルギニン、二つのアミノ酸がヘルペスウィルスに影響を及ぼすでしょう。リシンはヘルペスの発生率を抑え、発症時には治療スピードを速めてくれるアミノ酸です。

 

アルギニンはヘルペスの発症を促してくれ、成長を促進してくれるでしょう。要するにヘルペス発症を防ぐためにもリシンをアルギニンよりもたくさん摂取しなければいけません。

 

しかしアルギニンは健康維持や美容、老化予防や生活習慣病などの予防改善には欠かせない重要なたんぱく質です。そのため、ヘルペスウィルスを持っている方であれば、サプリメントでリシンを摂るといいでしょう。

再発しやすいヘルペスの改善と予防に!

 

【リジン高含有】ヘルペスサプリランキング!第1位は?